トップページ > 症例 > 救急(急性腹症について)

症例

救急(急性腹症について)

症例トップ

急性腹症とは

 急性腹症とは、急性に発症した腹痛のなかで緊急手術を含む迅速な対応を

必要とする腹部疾患の総称です。「どんな腹痛ですか?」という質問に対して

「痛みに波がある」、「便をすれば和らぐ」、「放っておいたら大体治る」などさま

ざまな自覚症状があると思います。腹痛の原因はよくわからないまま自然に

治る場合も多いですが、中には放置すると激痛となり入院や手術が必要な場

合や、頻度は少ないですが、命に関わる場合もあり注意が必要です。

      

急性腹症の原因

 胃腸炎、急性虫垂炎(俗に言う "盲腸" )をはじめ胆石症、憩室炎、消化管穿孔、腸閉塞、急性膵炎などの消化器系の

疾患や、尿管結石、子宮外妊娠、子宮筋腫や卵巣腫瘍の茎捻転、卵巣腫瘍の出血、破裂などの泌尿器系、産婦人科系

疾患、また腹部大動脈破裂などの血管系疾患など、年齢や性別により頻度は異なりますが、多岐に渡ります。

    

急性腹症の診断・治療

 急性腹症は、まず緊急性があるか否かの判断を行います。緊急性とは緊急手術や処置、入院治療の必要性のことです。

 必要に応じて各種画像検査(CT検査上部下部消化管内視鏡検査など)を進めていき、診断・治療を行います。

    
 

 【当院の急性腹症に対する内視鏡手術(3D腹腔鏡手術)】

 

 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)

 腹腔鏡下大腿ヘルニア手術 【症例】

 腹腔鏡下胃・十二指腸潰瘍穿孔手術 【症例】

 腹腔鏡下胆嚢摘出術

 腹腔鏡下胆管切開結石摘出術

 腹腔鏡下腸管剥離術

 腹腔鏡下虫垂切除術 【症例】

 腹腔鏡下結腸切除術

 腹腔鏡下直腸切除・切断術

 腹腔鏡下子宮全摘術 【症例】

 腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術


 急性腹症に対する緊急手術では、一般的に開腹手術を選択されます。

 当院では可能な限り低侵襲な内視鏡手術(3D腹腔鏡手術)を積極的に取り入

れております。

 開腹手術と比べて、@創が小さくてすむ。A術後の痛みが少ない。B術後の早

期から食事がとれる。などの利点があり、入院期間が短く、早期の社会が可能です。

      

症例トップ

| サイトマップ | 交通アクセス | 個人情報保護方針 | お問い合わせ |