トップページ > 病院概要

診療時間 8:30-17:00 代表電話番号 082-296-0110 休診日 日・祝日(木・土 午後休診)

  • 広島レントゲンアーベント
  • 広報誌
  • 大阪 城眼科 広島院
まきどの 広島 広島県 広島市 広島市西区 横川 早期がん 肺がん 肺癌 肺ガン 胃カメラ 胃がん 胃癌 胃ガン 大腸カメラ 大腸がん 大腸癌 大腸ガン 胃カメラ 大腸カメラ CT検査 CT検査 造影検査 MRI検査 MRI検査 内視鏡的 腹腔鏡下 胸腔鏡下 手術 企業健診 会員制検診 広島早期がん検診 MJ倶楽部 MJ倶楽部 広島レントゲンアーベント

病院概要

ごあいさつ

当院 槇殿順記念病院は昭和16年に我が国で最初に放射線科を標榜し広島の地に開業した 故 槇殿 順 の数多の業績を称えて開設されたものです。この歴史的流れを汲み、診療における診断のかなめに医用画像を位置付け、がんを始めとする悪性および良性疾患の早期発見にあたっています。さまざまなモダリテイ−を駆使して行う総合画像診断の役割は、疾病の早期発見のみならず、治療においても指針の決定や画像介在による縮小手術、治療後の評価などに大きく寄与するものであり、診療全般において多面的に有用なものです。
こういった特徴を持つ当院の診療体制は、当該医療圏のみならず、圏外の多くの皆様にも支持されご利用、ご来院を頂いており、そこから得られた貴重な診療記録については、医学的なアウトカムの評価と内容の分析に資し、その経験を診療の礎として更なるより良い方向への再構築に活用しています。このような独自の診療体系を背景に職員一丸となって地域医療に役立つ先進的な医療の実現をめざすと共に、高度で安全、優しい医療の実践を通して安らいだ温かい人間関係に満ち溢れた医療環境の整備を続けてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

理事長 槇殿 良子

ごあいさつ

病院理念

  1. 地域医療機関との連携を通じた地域医療の推進と貢献
  2. 誠心誠意を尽くす全人的医療の実践
  3. 高度な専門医療の実践に必要な医療技術の開発、研鑽
  4. 医療における気配り、目配り、心配りの実践
  5. 医療を通じた社会貢献

病院情報

名称 医療法人社団公仁会 槇殿順記念病院
代表者 理事長  槇殿 良子
住所 〒733-0013  広島県広島市西区横川新町8-21
電話番号・FAX番号 電話: 082-296-0110 FAX: 082-294-0300
診療科目 放射線科・腫瘍外科・内科・麻酔科・婦人科・眼科
休診日 日曜日・祝日 (木曜日・土曜日: 午後休診)

ロビー

沿革

医療法人社団公仁会は、初代槇殿順が我が国で最初の放射線科単科の医院として開業して以来、約半世紀を経て今日に至りました。
この間、公仁会が一貫して行なってきた「医療」とは、患者さん一人一人に対する限りない愛情を原点とした「最高のお世話」と「最大のお節介」です。

初代 槇殿順は「最高のお世話」の手段として画像診断による医学の重要性に早くから気付き、がんの早期発見・早期治療に取り組みました。この遺志はその後も受け継がれ、各時代における最新画像機器を駆使した医療を実践しております。患者さんの心身にとって負担をかけない十分な配慮のもとに、さまざまな工夫と細やか気配りを怠らないように心がけています。
現在も当法人の医療施設では、医師たちががんに対して挑戦を続けていますが、これも槇殿順の遺志を継ぐものです。
槇殿順は、一人でも多くの進行がんの患者さんを救いたいとの一念から、がんの免疫療法に取り組みました。
当時、我が国では、がんの免疫療法を考える人は少なく、その成果を1966年大阪において開催された日本癌学界第25回総会で発表した時、当時のほとんどの人が理解を示しませんでした。しかし今日から見ると、世界の主流となったがん免疫の考え方が、すでにその頃から打ち出されていたのです。
「最大のお節介」として、槇殿順は患者さんをその生活や人生を含めて理解しようと努めました。患者さんから「病気」だけを採りだして診るのではなく、「病気を持つ人間」として患者さん自身とその家族を共に見つめ、時には家庭訪問なども視野に入れて助力を惜しまないという姿勢で診療に臨んでおりました。
こうした初代槇殿順の医療姿勢を記念して「医療法人社団公仁会」は命名され、今もこの医療姿勢は職員全員に受け継がれ、地域の医療に貢献しています。

koujinkai-ismとは、この医療姿勢の思想を謳ったものです。

近代の医学は疾患の治療という点においては、長足の進歩を成し遂げてきました。かつては不治の病と言われていた多くの病気を今では簡単に治すことができるようになっています。ただその一方で、患者さんを一人の人間として迎えるhospitalityという点について、病院のスタッフにも、ハードにも反省すべき点が多々あることは否定できないでしょう。
そこで最近では」、患者さんのQ.O.L(quality of life =生活の質)の向上とか「全人的医療の実践」といったことが盛んに言われています。
私たちは「おせっかい」と言います。「おせっかい」とは人と人との生き生きしたかかわり合いを指す言葉だと思います。人と人との生き生きしたかかわり合いの中で、「治療」という狭い枠にとらわれず、生活基盤となる健康管理の面から「世話を焼かせて欲しい」、というのが私たちの「思い」なのです。

平成11年4月
槇殿順記念クリニック 開院(19床)
平成12年4月
医療法人社団公仁会 槇殿順記念クリニック 改組(19床)
平成17年4月
医療法人社団公仁会 槇殿順記念病院 開院(20床)
平成18年12月
増床(28床)

現在に至る

施設基準届出

当院は保険医療機関であり、診療報酬(医療費)算定にあたり次の内容について各施設基準等に適合している旨の届出を行い実施しています。

                                                             2017年9月1日現在

【基本診療等】

  • 入院基本料 ・・・     一般病棟入院基本料 (7:1)
  • 入院基本料等加算 ・・・ データ提出加算1
  • 入院時食事療養費 ・・・ 入院時食事療養費(I)
  • 入院基本料等加算 ・・・ 診療録管理体制加算2
  •  

 

【特掲診療等】

検査 ・・・          検体検査管理加算(U)

画像診断 ・・・       画像診断管理加算2、 CT撮影及びMRI撮影、 冠動脈CT撮影加算、 大腸CT撮影加算

手術 ・・・          早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術、 手術前医学管理料、 医科点数表第2章10部手術の通則5及び6に掲げる手術、輸血管理料(U)

麻酔 ・・・          麻酔管理料(I)

医学管理料 ・・・     夜間休日救急搬送医学管理料、ニコチン依存症管理料、がん性疼痛緩和指導管理料

入院基本料等加算 ・・・ 救急医療管理加算